学校選定のポイント

治療

理学療法士の専門学校には3年制と4年制があり、すぐにでも早く働きたい人は3年制、じっくりと勉強したい人は4年制がおすすめです。学校を選ぶ際は、優秀な講師や設備が整っているかや、国家試験合格率などに注目しましょう。学生募集前に行なわれるオープンキャンパスには積極的に参加することが大事です。

高齢化社会の到来

施術

仕事しながら資格取得

理学療法士とはリハビリ専門職のひとつで、国家資格を取得することで仕事につくことができます。日本では平均寿命が毎年のように伸びていて、高齢化社会がますます進んでいます。しかし病気や怪我などで介護が必要な人も増えていて、機能回復や健康維持のため理学療法士のようなリハビリ専門職の需要が増大しているのです。しかし理学療法士の受験資格を得るには、大学や専門学校で専門教育を受ける必要があるのです。そして現在社会に出ていて仕事を持っている人なら、働きながら通学できる専門学校なら都合がいいです。今の仕事を辞める必要がなく生活費を稼ぎながら、通学すればいいので経済的に余裕を持って学ぶことができるのです。そのため社会人で理学療法士を目指すなら、夜間部のある専門学校がおすすめです。仕事を持ちながら通学できる理学療法士の専門学校では、医学やリハビリの専門科目を広く学ぶだけでなく実技にも力を入れています。臨床現場で使われている技術をフィードバックさせて、丁寧に指導してくれるので現場に出て即戦力として通用する力を身につけることができます。また講師がひとりひとりの生徒に合わせて、親身になって指導してくれるので確実に実力がついています。理学療法士の専門学校の国家試験の合格率は高く、効率的に合格できる方法を伝授してくれます。理学療法士の活躍できる場所は広く、病院やリハビリ施設や介護施設にスポーツクラブなど様々な場所で技術と知識を活用することができます。

全国各地に学校があります

勉強道具

働きながら理学療法士を目指したい人には、夜間課程がある専門学校がおすすめです。全国各地に夜間課程を併設する専門学校がありますが、東京や大阪や福岡など都市部に集まっています。また1日の授業時間が限られているため、4年制の専門学校が多いです。

4年制が選ばれる理由

カウンセリング

理学療法士として活躍するために、4年制の専門学校で学ぶ人は多いです。3年制専門学校に比べて、じっくり着実に学びやすいメリットがあります。医療の現場では高度な知識が求められるため、4年制で着実に学びたいと考える学生は大勢います。

Copyright © 2017 専門学校に通って理学療法士の資格習得を狙おう All Rights Reserved.