学校選定のポイント

治療

選定のポイントを紹介

理学療法士は運動療法や物理療法を使用して医療が必要な患者や、施設の利用者に対してリハビリテーションを提供する資格です。理学療法士は国家資格のため、大学や専門学校で勉強し、国家試験の受験資格を得ることが必要になります。大学は定員が少ないことから入学が難しく、多くの人は専門学校で必要なことを学びます。専門学校には3年制と4年制があり、どちらも資格取得のために必要な学習を行なうことが可能です。3年制の学校は期間が短い分だけ授業時間が長く、勉強は大変です。社会人経験がある人など出来るだけ早く資格をとって就職したいという人に人気があります。4年制の専門学校は3年制よりもカリキュラムがゆったりとしており、じっくりと理学療法士に必要な知識や技術を学びたいと考えている人に向いています。また、4年制の専門学校を卒業すると高度専門士という学位を得ることが出来ます。就職においては学歴を重視する医療機関などで有利になる場合があり、将来的に大学や大学院でもっと理学療法士の勉強をしたい場合には持っていると有利にはたらく場合があります。学校を選ぶポイントとしては、優秀な講師が在籍しているか、国家試験合格率が高い学校か、実習先がきちんと確保されているかなどに注目します。また、理学療法士のことについて学ぶのに必要な設備がきちんと整っているかなどに注目します。学生募集前に行なわれるオープンキャンパスは学校のことを実際に見ることができる大きなチャンスの為、入学を希望する場合は参加が必須と言えます。

Copyright © 2017 専門学校に通って理学療法士の資格習得を狙おう All Rights Reserved.