4年制が選ばれる理由

カウンセリング

着実に学べます

理学療法士として働くためには、大学や専門学校などの養成機関で必要な勉強をしなければなりません。特に専門学校には3年制コースと4年制コースがあります。3年制の専門学校であれば、やや詰込み型の勉強となりますが、留年しない限り早く国家試験が受けられます。そしていち早く理学療法士として活躍できるメリットがあります。しかし最近では、4年制の専門学校にも注目が集まっています。何故ならじっくりと学べて実力をつけることを望む人が増えているからです。4年制の専門学校では、段階的学習を意識してカリキュラムを作っているところが多いです。段階的学習とは無理のないペースで階段を上るような感覚で、知識や技術を積み重ねていく方法です。理学療法士としてのスキルが着実に身につくと評判です。更に4年制の専門学校を卒業することで、「高度専門士」の資格がとれます。高度専門士とは、大卒者と同等程度の学力が認められる資格です。学歴があるとみなされるので、初任給や昇進など社会人として働くときに、待遇の面で差が出ます。理学療法士に限らず、医療の世界は新しい知識や技術が次々出てきます。それらを深く学びたいのであれば、大学院へ進学すると良いです。4年制の専門学校を卒業すれば、大学院への入学資格を得られます。このように卒業後の進路に対する選択肢が増えるメリットがあります。このように4年制の専門学校にはメリットがありますが、3年制ならば理学療法士としていち早く現場で活躍できるなどの利点があります。学校を選ぶ基準は人それぞれなので、たくさん学校を見学してから進路を決めましょう。

Copyright © 2017 専門学校に通って理学療法士の資格習得を狙おう All Rights Reserved.