全国各地に学校があります

勉強道具

4年制が多いです

理学療法士の主な仕事は、ケガや病気などによって身体機能が低下した人にリハビリテーションを行うことです。高齢化が進む現在においては、理学療法士の役割はますます重要です。これから需要が増えると見込まれる理学療法士は、とてもやりがいのある仕事です。そのため一度社会人を経験した人や主婦などが、理学療法士を目指して勉強し直すというケースがあります。ただし国家資格がないとできない仕事なので、国が指定した専門学校などで学ばなければなりません。学費を稼ぎたいために、働きながら専門学校に通いたいと考える人もいるでしょう。その場合は夜間課程がある専門学校に通いますが、最寄りの学校を見つけるならば、進学サイトなどをチェックしてみると良いです。因みに夜間課程がある理学療法士の養成専門学校は全て私立です。また北海道から九州まで各地に学校がありますが、東京や大阪や福岡など都市部に集まっています。理学療法士専門学校には3年制と4年制がありますが、夜間課程の多くは4年制です。理学療法士は専門職である以上、色々な知識を学ばなければなりません。夜間課程では1日3時間程度と学習時間が限られているため、就業年数が長くして所定の単位を修得します。しかし夜間課程に在籍する学生の多くが、高い学習意欲を持って日々勉強しています。そのような仲間たちと一緒に勉強することが刺激となるので、4年間という長丁場でもモチベーションが維持されます。このように国家試験合格という同じ目標に向かって切磋琢磨できる環境が整っているのです。

Copyright © 2017 専門学校に通って理学療法士の資格習得を狙おう All Rights Reserved.